WWDC 2012 MacBookシリーズを刷新

新発表の製品

WWDC 2012 (Worldwide Developers Conference)にてAppleが発表した新製品について、簡単にまとめてみました。

MacBook Pro

  • 17インチモデルの廃止。
  • 従来型モデル(13インチ、15インチ)のアップグレード。
  • Retina Displayモデル(15インチ)の登場、解像度は2,880 x 1,800 px。
  • Retina Displayモデルは、光学式ドライブを搭載せず。
  • Retina Displayモデルは、SSD(256GBまたは512GB)を標準搭載。
  • Retina Displayモデルは、オンボードメモリ(8GBまたは16GB)を標準搭載。
  • 全機種が、IvyBridge世代の最新CPUを搭載。
  • 全機種が、USB 3.0を搭載。
  • 全機種が、オンボードメモリ(4GBまたは8GB)に
    従来型モデルは、メモリ交換可能なようです。(※公式サイトも修正されました。)

MacBook Air

  • 全機種が、IvyBridge世代の最新CPUを搭載。
  • 全機種が、USB 3.0を搭載。

Mac Pro

  • マイナージェンジ(CPUの変更)のみ。
  • 8コアモデル(デュアルプロセッサ)が、12コアモデルに。
  • 4コアモデル(シングルプロセッサ)が、2.8GHzから3.2GHzに。
  • ThunderboltやUSB 3.0ポートは搭載せず。

iOS 6

  • 200以上の新機能。
  • 今秋に登場、アップグレードは無償。
  • 地図アプリは、Google MapsからApple独自開発のものに刷新。
  • Facebookを統合可能に。
  • FaceTimeが、Wi-Fiのみならず3G回線経由でも利用可能に。
  • 新アプリ「PassBook」の登場、チケットやポイントカード情報の有効利用を可能に。
  • Siriが、iPadでも利用可能に。
  • 対象の機器は、以下の通り。
    • iPhone 3GS、4、4S。
    • iPad 2、第3世代。
    • iPod touch 第4世代。

OS X Mountain Lion (10.8)

  • 200以上の新機能。
  • 7月発売、アップグレード価格は1,700円($19.99)に。
  • iCloudおよびiOSとの親和性・連携を強化。
  • Macのスリープ時、自動的にアップデートや同期をおこなう「Power Nap」機能。
  • OS X Serverの発表はなし。

総括

Macラインアップが一斉に刷新される、iPhone次期モデルが発表される、などといった噂がありましたが、やはりそこまで大胆なボリュームは持たせなかった模様。
経営面から株価などをうまくコントロールする必要もあるので、従来通り、 分散させてラインアップ変更をおこなっていくのでしょう。

後は、こっそりとAirMac Express (国外ではAirPort Express)がアップデートされ、Apple TVライクな形状になっています。

iPhoneの次期モデルは、iOS 6の公開にあわせて発表する可能性は大いにあり得るので、引き続き期待したいものです。

MacBookシリーズは、CPUが最新のIvyBridgeとなることに伴い、Intel 7シリーズチップセットを搭載することで、ようやくUSB 3.0が搭載されました。

Retina Display搭載のMacBook Proは、拡張性に乏しく、どちらかといえばAirの上位版の位置づけでしょう。
従来型のMacBook Proとは別物と考えた方がよいかもしれません。

せめて、従来型のMacBook Proについては、メモリ交換可能のまま、解像度向上してほしかったです。
そう、13インチは1,440 x 900 px、15インチは1,680 x 1,050 pxにね。

現在のMac製品ラインアップでは、Mac Pro以外の全モデルにThunderboltポートが搭載されていますが、対応製品の豊富さ・価格を考えると、
やはり早急にUSB 3.0ポートを搭載して欲しいものです。

コメント